「広小路プロジェクト オープニングダンス」康本雅子とサプライズ

SMBCパークは(なぜにこの場所?)という無機質な空間なんだけど
東信を彷彿とさせる壁がちょっといいのだ。
091204smbc.jpg

芝居でもダンスでも、一番最初どんな出方をするのか
あれこれ想像をめぐらすのが好きだ。
だから待っている間は全然退屈じゃない。
野々村先生のお姿もお見かけした。
こういうのいらっしゃるんだ、すごいなー。

やられました。
奥のパーティション横から登場するもんだと思いこんでたら、なんと階段をマイク持って喋りながらの登場。
見事に裏切られて喜ぶ私。
その後も階段を降りたかと思ったらまた昇り、
駈けのぼったと思ったら何事もなかったかのようにまた降り…
と何度も繰り返され、階段の存在が際だつ冒頭だった。
面白いなー。
なるほど、この空間だったら使わない手はないよね。

金曜日アフター5のOLって感じのいでたちがこの空間にぴったり。
えんじ色のキャスケット風キャップにベージュのコート、黒ヒールを履いて腕には黒ハンドバッグ。
色合いも調和している。

ダンスは「OLの風景~ただし大都市の~」みたいな感じですごく面白かった。
この場所だから意味のあるダンス内容だったと思う。
もちろん他の場所でも面白いに決まってるけど。
(良かったなー、ダンス。)
余韻に浸りつつの帰り道。

来年2月、東京へ転勤すると思う。

怜だ。えっ!!!!??

あんなに「オレ東京ってとこ絶対住みたくない」って云ってた怜が?
まだしばらくシドニーにいるもんだとばかり思ってた怜が?
あたまがついて行けん。

コメント

非公開コメント

プロフィール

magicyoko

「ダンスとお酒、似てるとこは?」
「いっちゃえるとこです。」

「ダンスとお酒、違いは何?」
「ダンスは尊敬してるけど、お酒は尊敬してません。」

「ダンスとお酒、どっちをとる?」
「んー。飲みながら考えます。」