ビッグサプライズ

必殺仕事人の最終回をみてうつらうつら、
精神も肉体もとことん弛緩した金曜の夜だった。

ピンポーン。だれ?
10時過ぎだよ。今頃来るのは、○え先生かPず子くらいしか思い当たらない。

「◎×△…」
よく聞き取れないけど男の声だ。Pず子じゃない。
応対したオシ君が出ていこうとしているそばから私、怪しい男かもしれないし
(バット持ってったら?)と言おうとしていた矢先、玄関に現れたのは
何とシドニーにいるはずの息子だった。

「さとし!!」
「何でここにいるの」

突然何の前触れもなく怜が帰ってきた。
この藪から棒な行動にあっけにとられているオシ君と私。

年に一度お正月に帰ってくるのが通常のパターンだし、
その時は帰国予定を前もって知らせてくる。
今年は年末年始にかけて会ったし、8月にあるサマソニに帰ってくると聞いてたので
このタイミングで帰国は考えられない。

本当に驚いた。

「え?カギ持ってない」
たまたまうちに2人ともいたからいいけど金曜の夜、
誰もいなかったらどうすんの。

まったくワカモノのやる事は…。

早速冷蔵庫開ける怜
「ビール以外の飲み物なんかないのか」
「サンクスで買ってこよか?」
我が家の第2冷蔵庫「サンクス」まで歩く道々、笑いが止まらなかった。




午前中、大腸癌検診、肺結核肺ガン検診
午後、乳ガン検診、骨粗鬆症検診を受ける。



500m 500m 300m

コメント

非公開コメント

プロフィール

magicyoko

「ダンスとお酒、似てるとこは?」
「いっちゃえるとこです。」

「ダンスとお酒、違いは何?」
「ダンスは尊敬してるけど、お酒は尊敬してません。」

「ダンスとお酒、どっちをとる?」
「んー。飲みながら考えます。」