覚王山 春祭

春と言うよりは初夏を思わせる陽気の覚王山春祭。
初めて出演した時もこんな風に暑い春祭だったっけ、と思い出に浸りつつ、
いったい何回目の出演だろうと数えてみたら22回目だった。
初出演は1998年だったから…え?もう12年目?
うちのキッズ達はまだ生まれてない。

今日は思い出に浸るの日だった。
日泰寺にお参りして広い境内を歩いてた。
(ここ、新卒の時よく仕事の帰りに寄ったっけ)
そう、かたぎの仕事をしていた時、初めての職場が本山だった。
本山から覚王山まではすぐ。距離にして1キロくらいかな。
気候のいい時はお気楽にチャリで通ってたのであちこちで道草を食っていたのだ。
日泰寺はただ単にだだっ広い境内が気に入っていた。
あれから?年。
自分もだけど、もう、何もかもがすごく変わった。

覚王山の参道も変貌すさまじい。
「腕を上げても絶対に脇がひきつれない上着」を発明した仕立屋さんは
どこへ行っちゃったんだろう。
気に入っていたのに…。

・クリックで拡大・
090412_0.jpg 090412_1.jpg 
プナブさん達今日もたのむヨー  幕開けはルジャンで

090412_2.jpg 090412_3.jpg
写メ大歓迎!            手前→姫、奥→王


090412_4.jpg 090412_5.jpg
恍惚のプゲチェ           バラガン行くよ~


090412_8.jpg 090412_9.jpg
かぶりつきのお嬢ちゃん      テリマカシ バニャ



控え室といえば…。



参道教室から見た情緒ある風景。
090412_6.jpg 090412_7.jpg



コメント

非公開コメント

プロフィール

magicyoko

「ダンスとお酒、似てるとこは?」
「いっちゃえるとこです。」

「ダンスとお酒、違いは何?」
「ダンスは尊敬してるけど、お酒は尊敬してません。」

「ダンスとお酒、どっちをとる?」
「んー。飲みながら考えます。」