それは失礼でしょ。

「得三は朝までやっている飲み屋である」の「得三」で
安藤俊子ご本人と言葉を交わす機会があった時の事。

「一流は見なきゃ。私は鈴鹿サーキットも行きますのよ。カーレース見に。」
「セナ大好きでしたの。死んじゃったけどね。残念でしたわ。」
とおっしゃる彼女は御年79歳である。

「えー、すごい!」
と人は言う。

だけど、そのあと(何かヘンだ)という違和感が数日残った。
で、気づいたのだ。頭悪いのですぐ気づかない。
あれは失礼だったなと。

何がすごいのか。
おばあちゃんがF1見る事がすごいのか。
「ご高齢にもかかわらず」ってところがすごいのか…。
いや違う。
そうじゃない。
別にすごくなんかない。
好きだから、見たいから観に行くだけで、そういう人なんだ。
年齢に関係なく、F1がみたい彼女だから見に行くだけだ。
それを、「そのお年でF1!すごいですねえ」は失礼だと思ったんである。
たぶん、彼女的にはごく普通に好奇心を満たしたってだけだと思うし。

で、これからそういう「年のわりに」的人の見方はいっさいやめようと思った。
その人の本質なんだから。

…という話をするきっかけになったのはオシ君のえっち発言。
まあ、日常会話のほとんどがそうなんだけど、今日はなぜか
「高校生の時とおんなじ事云ってるオレって…」
と自分で自分にツッコンでるので、云ってあげたんだ。

「年だからってそれがなに?いくつになってもそれがオシ君なの。」
「ていうのはさ、この前気づいたんだー。得三で…(中略。ここで文頭にダカーポする)…」




Gogol Bordello
最近はまってるこのバンド。
怜が教えてくれた。入りたい。


コメント

オシ

NO TITLE
オレは一生エロで生きていくのか・・・
リビドー・・・

近くの者其の1

magicyoko@hotmail.com
神様が云ってます。「リビ道を極めなさい」って。
非公開コメント

プロフィール

magicyoko

「ダンスとお酒、似てるとこは?」
「いっちゃえるとこです。」

「ダンスとお酒、違いは何?」
「ダンスは尊敬してるけど、お酒は尊敬してません。」

「ダンスとお酒、どっちをとる?」
「んー。飲みながら考えます。」