• さようなら安らかに
    年賀状に、フレッチャーの箴言を添えるひとだった「思慮分別は最大の勇気である」大人になってからのやり取りではない。この賀状をもらったのは中2である。同級生だった。お互い、道は分かれたけど同じ舞台人としての何かが通じていたと感じた年末。それから半年。突然の死は凄惨すぎる。宙ぶらりんでいる。...
  • 今夜あけぼの座へ行こう
    流山児祥と北村想の二人芝居。と聞いて胸躍らぬ人がいるだろうか。なに?二人とも知らないって?あんたもぐりだね。三重県津市上浜町3丁目51 津あけぼの座 19:30開演(30分前開場)「夢謡話浮世根問」・・・「うたはゆめ うきよのねどい」前売り2,500円 当日3,000円ただし名古屋から行く人は必ずや電車で!リフレッシュ工事で23号線も東名阪も大渋滞ですから。昨夜雨の中を名古屋から会場まで車で2時間...
  • 北村想作「アチャコ」と暁天講座
    年末に飛行機の中でダダクサに「おくりびと」を見た。広末涼子のせいだ。あ~あちこちにオシ君や私の体験とかぶるエピソードがちりばめられてんのね~でもピロスエが~~~。数ヶ月後アカデミー賞を取った。稽古前に暁天講座のチラシをぼぉっと眺めてた。と、突然ある箇所に釘付けになった。「おくりびと」のタイトルからわざわざ原作者の名前を外してもらった人がいてその理由が、一番大事な主題を削除されてたからだ。という下り...
  • とよた演劇アカデミー 卒業公演
    満員御礼、チケット完売。岡崎→豊田、と昨日は三河を駆け抜けた。家族、親戚、友達…。周りは、これまで一度も芝居をナマで観た事ない人達ばかりで、これじゃなきゃいかんと思う。何でもそうだけど、通だけのものじゃない。ゼロの人たちにいかに訴えかけるかが大切だ。と思う。なぜにこの脚本?という気もしたが、地元に特化した内容なのがいい。短い準備期間だが、役者はまず声が出ていたしPもちゃんはナチュラルな演技で初舞台と...
  • お芝居見ませんか?
    弟のお嫁さん、Pもちゃんが出演するお芝居の紹介。豊田市はあのトヨタで有名な車の街。その豊田市は、文化行政がなかなかに充実していて、舞台芸術人材育成事業なんてのも展開している。Pもちゃんは事業の一環として創設された「とよた演劇アカデミー」の一期生なんだな。自治体の事業の一環で演劇アカデミーは珍しいと思う。それはおいといて、なんでまたPもちゃんは芝居なんていうやくざな道に足を踏み入れたのかそれは謎だが...

プロフィール

magicyoko

「ダンスとお酒、似てるとこは?」
「いっちゃえるとこです。」

「ダンスとお酒、違いは何?」
「ダンスは尊敬してるけど、お酒は尊敬してません。」

「ダンスとお酒、どっちをとる?」
「んー。飲みながら考えます。」